ナンバー取得までの流れ

軽貨物配送業を行う上で必要不可欠になるのが「黒ナンバー」になります。今回はその黒ナンバーの取得の仕方をご紹介致します。

step1:事務所と車庫、車両の確保

  • ・営業所、休憩所が所有または賃貸で用意出来ること。
  • ・営業所から2km圏内で車庫が所有または賃貸で用意出来ること。
  • ・車庫の面積は一般的な車両が格納出来る大きさが必要。
  • ・1台以上の車両があること。

黒ナンバーを取得する用件の中で、上記項目があります。その為まずは事務所、車庫、車両の確保が出来るように準備しましょう。

次へ

step2:運輸支局へ提出する書類の作成と提出

初めて黒ナンバーを取得する為には各種書類を作成して”運輸支局”と”軽自動車検査協会”にて手続きを行う必要があります。

まず運輸支局にて作成した経営届・運賃届、その他書類の提出を行います。

書類提出後、運輸支局から事業用自動車連絡所が発行されますのでそれを持って軽自動車検査協会へ向かいます。

  • <運輸支局で必要な書類>
  • ・貨物軽自動車運送事業経営届出書
  • ・運賃料金設定届出書及び運賃料金表
  • ・事業用自動者等連絡書
  • ・車検証のコピー
次へ

step3:軽自動車検査協会でナンバープレートを変更

次は軽自動車検査協会にて”車検証書換書類”の作成を行います。車検証書換書類の作成が終わりましたら、ナンバープレートを変更することが出来ます。ナンバープレートを変更することが出来たら軽貨物運送事業をスタートさせることが出来ます。

  • <軽自動車検査協会で必要な書類>
  • ・車検証原本
  • ・申請依頼書
  • ・ナンバープレート2枚
  • ・事業用自動車等連絡書
  • ・車検証が自己名義では無い場合は住民票(個人)と法人謄本(法人)が必要

 

新しく始めようとお考えであればお気軽にご相談下さい!

このような手続きを経て、軽貨物運送事業をスタートさせることが出来るのですがかなり手間ですよね?

合同会社フライングBでは、手続きの中で代行して行える部分に関しましては請け負って代わりに対応させていただいております。

わからないことなどがございましたらお気軽にご連絡下さい!新しく軽配送を始める方への少しでもサポートが出来ればと思っております。